【イギリス】活気溢れる港町「ブライトン」のインスタ映えする名所特集!ロンドンからの日帰り旅行

お出掛け・観光情報
この記事は約12分で読めます。
ユスティナ
ユスティナ

こんにちは、ユスティナです!

イングランドの港町と言えば、南東部にある活気に溢れる街、ブライトン(Brighton)。海を売りとしていて、イギリスではちょっとしたリゾート地として多くの人に知られています。

ロンドンから電車でたったの一時間の距離にあり、週末日帰り旅行にも最適!

今回は、そんなブライトンの名所や楽しみ方をまとめました。

こちらの記事もおすすめ!

スポンサーリンク

ブライトン(Brighton)とは

ブライトンの魅力

ブライトンは、美しい海・多彩な文化・安くて美味しいグルメ・古着ファッション・活気なナイトライフなどで知られているイングランド南東部のリゾート地。イギリスでは最も住みやすい海辺の街とも言われています。ロンドンから電車でたったの一時間という短い距離にあるため、ロンドナーはもちろん、沢山の観光客が遊びに訪れる定番お出かけスポット。

ブライトンのビーチ

海辺にはローカルショップがずらりと並び、常に沢山の人で賑わっています。そんなブライトンには、フォトジェニックな名所や写真スポットがたくさん!

知っておきたい歴史

かつて漁業が栄えていたブライトンを「海辺のリゾート地」として発展させようと考えたのはウェールズ王子 (ジョージ4世)でした。19世紀に工業都市として急速に発展していったロンドンでは、様々な病が流行し始めたことから「健康」や「リクリエーション」に対する必要性が高まっていったそう。

こうしてリゾート地でとして展開されることになったブライトンでは、パビリオンや別荘が貴族の宿泊施設として建設されていき、それと必然的に、レストランやカジノなどの公衆の集まる場も増えていったそうです。

ブライトン
街中のジョージ4世の肖像画。ブライトンではLGBTQの活動が盛んで、街のあらゆる場所でカラフルなアートワークを見かけます。

ロンドンからの行き方

電車

移動時間を短縮させたいなら電車が最適。

・乗り換えなしの直通電車で、約一時間程でブライトンまで行くことができます。路線は3つ(Gatwick Express, Thameslink, Southern)あります。
・ロンドンでの主な乗車駅はVictoria駅、London Bridge駅、Blackfriars駅。他にもSt Pancras駅、Farringdon駅、East Croydon駅からも乗車可能。
一番早いのは、Victoria駅発のガトウィック・エクスプレス(Gatwick Express)。たったの53分でBrighton駅に到着できちゃいます。(ただしお値段も一番高いです!)
一番安いのは、サザン(Southern)のAdvanceチケット。乗車時間も1時間ちょっとと短いのでコスパが良いです。
Trainline.comを使用するとオフピークやグループ割などお得なチケットを買うことができるので要チェック!席も事前に予約しておくことをお勧めします。

バス

予算を重視するならバスを選ぶ手段もあり。

・ロンドンからブライトンまでの直通バスはVictoria Coach Stationから乗車できます。
・メリットはチケットの安さ。一番安いチケットだと4ポンドからのものもあり、電車と比べると断然安いです。
・デメリットは乗車時間が長いこと。一番短いルートは2時間程で到着しますが、ルートが長いバスだと3時間以上かかるものもあります。(※もちろん、渋滞などの状況にもよります。)
National Expressのウェブサイトからタイムテーブルをチェックしたりチケットを購入することができます。

地元エリアを探索するのに最適な交通手段。

・ロンドンからブライトンまで車でかかる距離はおよそ87キロメートル、約1時間30程かかります。
(※もちろん、渋滞などの状況にもよります。)

スポンサーリンク

定番の名所・インスタ映えスポット特集

ブライトンで絶対に行っておくべきフォトジェニックな名所をいくつか紹介します。

ブライトン・パラス・ピア│Brighton Palace Pier

ブライトンで一番の名所と言ってもいいほど有名なブライトン・パラス・ピア。1899年に完成した橋は、ゲームセンターや遊園地など数々のアミューズメント施設が開業しており、若者や子連れファミリーなど性別年齢を問わずに幅広い年齢層から愛され続けています。

レトロな外観のパラスが可愛く、写真を撮るのにもぜひお勧めしたい場所の一つです。

ブライトン

パラスの中はちょっとしたゲームセンターになっており、UFOキャッチャー、シューティングマシーン、エアホッケー、もぐらたたきなどの懐かしいゲームが何台も設置されていて、とても賑やかな雰囲気。ゲームをプレイするたびに貰える「トークン」があり、それを貯めるとちょっとした景品が貰えちゃいます☆ 筆者はここで遊んで貯まったトークンと引き換えに、可愛いショットグラスをいただきました。

ゲームセンターの他にも、ロールコースター等のスリルある乗り物から小さな子供でも楽しめるメリーゴーランド等の乗り物もあります。乗り物一覧は公式ページを参考にしてください。

名称:Brighton Palace Pier
住所:Madeira Dr, Brighton BN2 1TW, United Kingdom
公式ページ:https://www.brightonpier.co.uk/
※営業時間などの情報は公式ページを参考にしてください。

ブライトン・ビーチ│Brighton Beach

ブライトンへ来たら絶対に外せないのが海岸!まずびっくりするのが砂浜ビーチではなく、石畳のビーチになっていること。小石が一面に転がっていて実際に歩くと凸凹しています。

ブライトンの海外は天気の良い日は海の中で泳ぐ人や日光浴を楽しむ人、ピクニックをする人でいっぱい。ちなみに、水温が16度以上を達することは基本ないそうです。筆者がブライトンへ行ったのは9月上旬、上着が必要になってきた時期でしたが、そんな中でも平気で泳いでいる人がいました。さすがイギリスの人は寒さに強いですね。

ブライトンのビーチ

海岸沿いにある遊歩道には、様々なレストラン・カフェ・パブや地元のブティックショップ等が建ち並び、常に沢山の人で賑わっていて活気があります。美しい夕日を眺めながらウォーキングをするのにもってこいの場所でしょう。

名称:Brighton Beach
住所:4 Madeira Dr, Brighton BN2 1ET, United Kingdom

Brighton i360

直径162メートルもある「i360」の移動型展望台は、ブライトンの街を一望できる絶景スポット。ロンドン・アイを設計した「Marks Barfield Architects」により2016年に建てられました。

実はこのタワー、「世界一細いタワー」としてギネス世界記録に認定されていることで有名だそうです。高いところOKな方は必見!

ブライトン

名称:Brighton i360
住所:Lower Kings Road, Brighton BN1 2LN, United Kingdom
公式ページ:https://www.brightoni360.co.uk/
※営業時間などの情報は公式ページを参考にしてください。

バンドスタンド│Bandstand

ユニークなデザインのバンドスタンド(意味:野外ステージ)は海外沿いにある穴場スポット。1884年に設計・建築されたステージはエメラルドグリーン色で統一されており、ヴィクトリア朝時代に造られた野外ステージの中で最も優れたものであると考えられています。

今では定番の写真スポットとして利用されているバンドスタンドですが、ライブミュージックや結婚式等の特別イベントでの貸し切りもできるそうです。

ブライトン

名称:Brighton Beach Bandstand
住所:Kings Rd, Brighton BN1 2PQ, United Kingdom
公式ページ:https://www.brighton-hove.gov.uk/libraries-leisure-and-arts/seafront/bandstand

逆さまの家│Upside Down House

海辺にある名所の一つとして忘れてはいけないのが逆さまの家。ひっくり返ってしまったかのようなユニークな家は2019年にオープンされました。中へ入ってみると、何もかもが逆さまに浮いていて、まるで天井を歩いているかのような不思議な錯覚を味わうことができます。

ブライトン観光の楽しい思い出作りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

名称:Upside Down House
住所:42-43, Kings Road Arches, Brighton BN1 2LN, United Kingdom
公式ページ:https://upsidedownhouse.co.uk/
※営業時間などの情報は公式ページを参考にしてください。

ロイヤル・パビリオン│Royal Pavilion

「ブライトン・パビリオン」としても知られているロイヤル・パビリオンは、長い歴史を持つ美しい宮殿。ジョージ4世が1787年に別荘として建てさせた王宮の大豪邸です。第一次世界大戦時は病院として利用されていた歴史もあり、今ではブライトンのトレードマークとなっています。

ブライトン

特徴的なのはイスラム様式で建てられた美しい外観。インド風の外観とは反対に、内装は中国風の装飾が施されており、外と中のミスマッチが何ともユニークな建物です。建物内の見学も可能なので、ぜひ訪れてみてくださいね。

名称:Royal Pavilion &Garden
住所:4/5 Pavilion Buildings, Brighton and Hove, Brighton BN1 1EE, United Kingdom
公式ページ:https://brightonmuseums.org.uk/visit/royal-pavilion-garden/
※営業時間などの情報は公式ページを参考にしてください。

ザ・レーンズ│The Lanes

ブライトンに来たら見逃してはいけないのが「ザ・レーンズ」!ブティックショップや雑貨屋さん、そしてカフェ・レストラン・パブなどが密集する路地です。ザ・レーンズの歴史は、ブライトンがブライトヘルムストーンと呼ばれる小さな漁師町だった16世紀にまで遡ります。路地の一部は当時の雰囲気が未だに残っていて、1545年開業の老舗パブ「The Cricketers Arms」などが知られています。

おすすめグルメ情報はこちらの記事でまとめています。

ブライトン

名称:The Lanes
公式ページ:https://www.visitbrighton.com/food-and-drink/areas-to-explore/the-lanes

ノース・レーン│North Laine

お手頃で可愛いレストラン、カフェ、パブ等が密集するノース・レーンも外してはいけない名所の一つ!

クリエイターやアーティストが多いことで知られているノース・レーンには個性的なお店が多数あり、お土産探し・ショッピングに最適な場所です。ここでしか買えないレトロな古着を扱うヴィンテージショップからユニークなデザイナーブティックまでたくさんのファッション店が建ち並び、ついつい色々な物が欲しくなってしまいます。

また、ノース・レーンにはフォトジェニックなグラフィティスポットも数々あるので、訪れた際にはぜひ探索してみてくださいね。

名称:North Laine
公式ページ:https://www.visitbrighton.com/food-and-drink/areas-to-explore/north-laine

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?今回は、活気あるカラフルな海辺の街「ブライトン」を紹介しました。天気の良い日は、ご家族もしくはお友達と一緒にブライトンへ出かけてみてはいかがでしょうか。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ブライトンのおすすめグルメ情報はこちらから↓

   
\  記事が役にたったらサポートしてください  /

Buy me a coffee

筆者について

ユスティナ│ロンドン在住
ハンガリーとロシアのハーフ。日本育ち。
詳しくはブログの概要欄まで。

お出掛け・観光情報
シェアする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました