【ポルトガル】リスボン3泊4日の旅!宿泊先・おすすめ観光ルート・グルメ情報のまとめ

ヨーロッパ
この記事は約10分で読めます。
ユスティナ
ユスティナ

こんにちは、ユスティナです!

リスボンと言えばポルトガルの首都。坂のある美しい町並み、歴史ある旧市街、色鮮やかな路面電車、アズレージョという色鮮やかなタイルやエッグタルトなどで有名ですよね。

そんなリスボンで過ごした3泊4日間の旅の内容を宿泊先、短期間でまわれる観光ルート、そしてレストラン等のグルメ情報もあわせてまとめておきました。

スポンサーリンク

宿泊先

基本情報

説明
ホテル名Pestana Lisboa Vintage
住所R. Mouzinho da Silveira 29, 1250-166 Lisboa, Portugal
格付け★★★★☆
レビューサイトトリップアドバイザー
気になるお値段

トリップアドバイザーによると、£76 – £138がスタンダードルームの平均価格となっています。筆者はブリティッシュ・エアウェイズ航空のパッケージ予約を利用したので、フライト+ホテル合わせてのお値段が£500程でした。

感想

ロビーは高級感と落ち着きがあり、特に白黒のタイルフロアとゴールドのインテリアの相性が抜群。

客室の方は清潔感があり、ロビーに比べ質素でシンプルな感じ。ルームサイズはやや小さめ。四つ星ホテルにしては普通かなと思います。スタンダードのダブルルームだったのですが、スマートテレビ、バスルーム用のアニメティ、ティー・コーヒーなどが備え付けてありました。シャワー室は広くて清潔。

最寄り駅のAvenida駅までは歩いて10分程かかります。ショッピングストリートが近い点は良かったのですが、たくさん観光して歩いた日は帰り道がしんどかったです

  • 内装が改装されていて綺麗
  • 24時間対応フロントデスク、スタッフさんも優しい
  • 客室の清潔感◎
  • ショッピングストリートに近い
  • 価格に見合った価値
  • バーやジム等のアニメティの少なさ
  • 中心部までやや遠い(交通機関を利用するか、30分ほど歩いていく必要がある)
スポンサーリンク

観光ルート

初日

リベンダ―デ大通り

ホテルから近かったこともあり、リスボンのメインストリート、リベンダーデ大通り(Avenida da Liberdade)を歩いて朝の散歩をすることに。最も住宅の家賃が高い通りとして知られており、ポルトガルのシャンセリゼとも呼ばれているらしいです。ハイブランドのお店もたくさん並び、散歩にはうってつけかと思います。

ラッキーなことに爽快な天気 美しい塗装のされた床のタイルに太陽の光が反射して眩しかったです。

最寄り駅:Avenida

ブランチ @ Delta The Coffee House

この日は起きるのが遅かったので朝食代わりに軽くブランチをすることに。

リベンダ―デ大通りにある、お洒落な雰囲気のDelta The Coffee Houseに入ってみることにしました。中は香ばしいコーヒーの匂いが漂っていました。

ベリーのパンケーキをコーヒーのセットをオーダー。コーヒーの味は深みがあって美味しかったです。

サンタ・ジュスタのエレベーター

さて、体力補給ができたのでアヴェニダ駅からロシオ駅まで歩いていくことに。次の目的地はこちらのエレベーター。

1902年に完成したこちらのレトロなサンタジュスタのエレベーター(Elevador de Santa Justa)は、ルモ広場とバイシャ・ポンバリーナの通りを繋ぐ交通手段となっているそう。

のぼりは大行列だったので、エレベーターのある通りの近くの階段を使用して上階まで歩いて行ってみることにしました。エレベーターに乗りたい方は、下りの方が空いているらしいので下る際に乗ってみるのもありかも。

筆者はエレベーターには乗らなかったのですが、展望台から綺麗な景色が見渡せたので満足。

街中を探索

街中はレトロな雰囲気のトラムが走っていたり、建物の壁に装飾タイルが施されていたり、「ポルトガルに来たんだなぁ」と実感するような美しい風景がたくさん!

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台

サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台(Miradouro de São Pedro de Alcântara)は、リスボン市街を一望できる展望台のある公園です。近くにはケーブルカーのグロリア線も通っているので行くのも簡単。

ここから見渡したリスボンの街並みが素晴らしかったです

ランチ @ Oficina do Duque

ランチは口コミサイトで良いレビューの多かったOficina do Duqueにしました。サン・ペドロ・デ・アルカンタラ展望台から近いです。

観光客の少ない静かな場所にある、親密でロマンチックな雰囲気のレストラン。

せっかくポルトガルに来たので海鮮系のメインディッシュを選びました。こちらはサーモンにオクトパス。

口コミ通り、食べたもの全てが美味しかったです!

タイムアウトマーケット

リスボンで有名なフードコートと言えば、リベイラ市場(タイムアウトマーケット)。タラのコロッケやポルトガルワインなど、ポルトガル料理を一気に味わうことが出来るのがここの良さ。ポルトガル料理以外にも日本料理・中華・アメリカン・イタリアンなどなど、多様な店舗が並んでいます。

お値段もお手頃なので行ってみる価値ありです。

コメルシオ広場

この日の締めくくりは、テージョ川近くにあるコメルシオ広場(Praça do Comércio)。迫力のある巨大なアーチ(アウグスタ通りの凱旋門)が印象的で素晴らしかったです。

アーチは展望台になっており中へ入ることも可能だそうです。

ラッキーなことに夕日にも無事間に合うことが出来ました。

ディナー @ Museu da Cerveja

ポルトガルと言えばタラのコロッケで有名。街中にはPastel de Bacalhau com Queijoのような専門店がいくつかあります。

コメルシオ広場にあるMuseu da Cerveja(英語名:ビールミュージアム)でディナーを食べることになったのですが、ビールのおつまみに良いかなと思い、チーズと干しタラのコロッケを注文してみました。

自分の好みの味ではなかったので、多分もう食べることはないかな…(笑)

エッグタルト @ Mateigaria

ポルトガルのといえばエッグタルト。初日はこちらのMateigariaというお店へ。

外はサックリ、中身はクリーミー。毎日食べれそう(笑)

二日目

べレン塔

ユネスコ世界遺産に登録されているベレンの塔(Torre de Belém)は、ポルトガルの国定記念物にも指定されているそうです。海辺の青い空に映えていてとても綺麗でした!

中での見学もできるそうですが、筆者は時間が限られていたため断念。

MAAT博物館

テージョ川のほとりに建てられた、近代的な外観にインパクトのあるMAAT(ムアート)。観光客や美術愛好家に人気の博物館だそうです。ベレン塔から歩いていける距離でもあったため、行ってみることにしました。

中はアート作品、建築・技術などの展示スペースになっていて、独特の空間が味わえました。

ランチ @ MAAT Cafe and Kitchen

ランチはMAAT博物館内にあるレストランで食べることに。少し高めのお値段でしたが、テージョ川を眺めながら食事ができるためここに決定。

ここで飲んだ「Dona Antonia」というポルトワインが今でも忘れられないくらい美味しかった…!最終日に空港で、同じワインをお土産用に買って帰りました。

LX Factory

古い工場・倉庫街などをリノベーションしたLX Factoryというスポットがベレンの近くにあると聞き、ベレン観光後に寄ってみることに!

お洒落なカフェやギフトショップが並んでいて、中でも特に地元の人に有名なブックストアがあると聞いたので行ってみたのですが、天井までもある棚に本がぎっしりと並んでいてすごかったです。英語に訳された日本の書籍などもありました。

ディナー @ Chickinho

ポルトガルの有名な料理と言えばペリペリチキン。FX Factory内で美味しいペリペリチキンがお手頃な値段で食べれるChickinhoというお店を見つけたので、早速行ってみました。

そのお味は…焦げ付きが美味しくて美味しくてたまらない!

今まで食べた中でもダントツ一位のペリペリチキンでした 行ってみて正解!

三日目

サン・ジョルジェ城

リスボンの中心部にあるサン・ジョルジェ城 (Castelo de São Jorge)。上まで歩いていきました。お城から眺めるリスボン市街とテージョ川の景色が素晴らしかったです。

ランチ @ Maria Catita

口コミサイトで良い評価だったので、ランチは旧市街付近にあるMaria Catitaにしました。

トマトソースの効いたシーフードリゾットが美味しかったです。

カルモ修道院

ロシオ広場から遠くない距離にあるカルモ修道院(Convento da Ordem do Carmo)。1755年の大地震で倒壊した教会の一部がそのまま残っています。今では考古学博物館になっており、中へ入ってみると遺跡から発見されたミイラやローマ時代の展示物などがたくさんありました。

ディナー @ Solar 31 Alfama

旧市街のひっそりとした通りにある、シックな雰囲気のSolar 31 Alfama

この日に捕れたという新鮮な魚を調理したシーフードリゾットが美味しすぎて、一瞬で食べてしまいました。デザートのティラミスケーキも程よい甘さでよかったです。

四日目

エッグタルト @ Fabrica Da Nata

最後日はもちろんエッグタルト!(笑)

食べ比べ用にFabrica Da Nataで買いました。初日に食べたエッグタルトと比べて中身がしっかり固まっている感じがして、生地もサックリしていて美味しかったです。個人的にここのお店が一番美味しかった!

ロンドンへ帰っても食べれるようにと3つお持ち帰りしました(笑)

ラーメン @ KOPPU RAMEN IZAKAYA

リスボン旅の締めくくりはホテル近くにあるラーメン屋さんへ(笑)

深みのある味でした!日本食が恋しくなったら行ってみるのもあり。

その他観光スポット

筆者は行っていないのですが、以下の観光スポットも見所の一つです。

  • ジェロニモス修道院
  • リスボン大聖堂
  • アルファ地区 
スポンサーリンク

最後に

さて、今回はリスボン3泊4日の旅の行動ルートやグルメ情報などをまとめた記事でした。少しでも参考になれば幸いです。

この記事が少しでもためになったよ〜という方・気に入っていただけた方は「いいねボタン」をクリックもしくはSNSなどで共有していただけたら嬉しいです☺️

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

   
\  記事が役にたったらサポートしてください  /

Buy me a coffee

筆者について

ユスティナ│ロンドン在住
ハンガリーとロシアのハーフ。日本育ち。
詳しくはブログの概要欄まで。

ヨーロッパ海外旅行記
シェアする
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました